FC2ブログ
キャッシング用語

いつか満天の星空の下で

     copyright ©2003 -2019いつか満天の星空の下で all rights reserved

遥か

雲の切れ目から光が射し込み
どこからともなく訪れる

貴女が空へ帰ってから
想い出の道を行くたびに
寄り添ってくれる小さな蝶

ひらひら舞うのは優しさですか
心の裡を知るように

遠い日に貴女か好きだった
レモンイエローのワンピース
青いの空に美しく舞う
今日のやさしい蝶のよう

どうか想いを届けておくれ

遥かな空に願いをこめて
貴女に祈りを捧げるのです

心からの感謝をこめて


別窓 | 硝子の林檎 | ∧top | under∨

小さな指輪

夜毎寂しい夢を見て
小さな指輪を買いました
錆びれた町の片隅の
駄菓子屋さんの店先で

手のひらの上にころころと
揺れて輝く想い出は
幼いころの夕暮れの
甘く切ない空の色

心細さに彷徨って
おもちゃの指輪を買いました
人恋しくて懐かしい
風の流れる夏の午後

小指にそっと通したら
魔法の呪文を唱えます







別窓 | 硝子の林檎 | ∧top | under∨

遠き足音

聴かせておくれ
夕暮れ
懐かしきひとの足音を

青草のなびく野の道を
小走りにくるあの音を

黄泉の国から
空を翔け
運んでおくれ

この胸に



別窓 | 硝子の林檎 | ∧top | under∨
| いつか満天の星空の下で | NEXT