FC2ブログ
キャッシング用語

いつか満天の星空の下で

     copyright ©2003 -2019いつか満天の星空の下で all rights reserved

ジオラマの森

古びた床にまたひとつ
生い茂る木々に添えてゆく

銅線の幹に粘土を被せ
緑に染まる加工葉を付けて
幹の先まで色を施し

日毎心に描いた森は
部屋の片隅に居場所を見つけ
次第に姿を現わしてゆく

小さな木々の茂みの中に
指先でつける影の足跡
見えない鳥は自由に羽ばたき
姿無き獣は吠える

ここはジオラマの森
季節を運ぶ風もなく 
香しき花が咲くこともない

けれど・・・
時はちぎれた夢を繋いで
樹木の根を張り巡らせる

歪んだ部屋の片隅に
空想の世界は広がってゆく



                   
別窓 | 幻想詩 | ∧top | under∨

不滅の鳥

碧深き森の影から白い月が姿を現わす
目覚めるがよい 不滅の鳥よ
日毎この日を待ちわびていた

人々は静かな眠りに就いて
魂だけが流離い始める
意識の奥の世界こそ
真の想いが渦巻いている

着飾る言葉を葬れば
月の光は降り注ぎ
この世に魔力を授かりし
太古の鳥は目を覚ます

雲に隠れてしまわぬうちに
青き翼を見せてくれ
月の光に照らされて
ともに時空を翔け抜けよう

碧深き森の影から妖し気な月は微笑む
羽ばたいておくれ 不滅の鳥よ
君もこの日を待っていたはず

自由自在に飛べる日を

透けるほど白き満月の夜を


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
別窓 | 幻想詩 | ∧top | under∨

人形のワルツ

人々が眠りに就いた頃
動き始める人形の夜

涙に染まった青い目と
少女の好きな赤い服

細いヒールの靴を脱ぎ
ブロンズの髪を靡かせて
いつか遊んでくれた日の
ワルツをひとり踊りましょう

古びたチェストの晴れ舞台
舞い散る埃の紙吹雪

思い出置き場の棚の上
あの子の笑顔を胸に抱き

誰も知らない真夜中の
主を亡くした部屋の隅
月の光に抱かれて
ワルツをひとり踊りましょう









別窓 | 幻想詩 | ∧top | under∨
| いつか満天の星空の下で | NEXT