キャッシング用語

いつか満天の星空の下で

     copyright ©2003 -2017いつか満天の星空の下で all rights reserved

祝福の陰に

水面に揺れる花びらは
夕べの宴(うたげ)の名残です
空が明けゆく春の森
白い光に抱かれて
撒かれた舟はゆくのです

泉に小さな弧を描き
誰かの涙を運んでは
最後にそっと微笑んで
水の光になるのです

いつか思い出になるために






別窓 | 心の中の宝箱 | ∧top | under∨

水のゆくえ

川は往く
夕陽を映して
美しく

海へ往く
明日をめざして
悠々と

留まっている一点の中に
閉じ込められた哀しみも
ほぐれて時を流れ始める

浮かべた小さな草の箱舟
外れた心の鎖を乗せて

見送りましょう
川の流れに

見送りましょう
風に吹かれて

水面に揺れる金の光を
そっと胸に焼き付けて

ただ 未来に向かうため


別窓 | 心の中の宝箱 | ∧top | under∨

寄り添いながら

なだらかな坂を歩く日の
囁く風は友のよう
退屈色した眺めにも
季節の香りが運ばれて
心の鈴を鳴らします

険しい山道歩く日の
空昇る陽は父のよう
踏み外しそうな道でさえ
木々の隙間から足元を
照らしてくれる頼もしさ

疲れて座り込んだ日の
夜空は優しい母の懐
ただ仰ぎ見るわたしにも
わけ隔てなく穏やかに
月の明かりで包みます




別窓 | 心の中の宝箱 | ∧top | under∨
| いつか満天の星空の下で | NEXT