キャッシング用語

いつか満天の星空の下で

     copyright ©2003 -2018いつか満天の星空の下で all rights reserved

大切なもの

見上げる空は
まだ青い

間に合うだろうか
なくさぬうちに

風の歌を聴くのだ
ほんの少し立ち止まり

耳を澄まして
心の窓を開け
透き通る旋律を捉えよう

時を急がず
ここに佇み



別窓 | 旅の途上 | ∧top | under∨

風のささやき

風がゆく
ふるさへ続く空のもと

掌になり頬に触れ
見せない涙も浚うよう


風がゆく
茜に染まる夕暮れに

立ち竦む心に微笑んで
そっと手を差し伸べながら


風はゆく
明日へ向かう空のもと

歩き始めた旅人の
肩先に手を添えるよう

もう大丈夫
大丈夫だよと囁いて

広大な空を翔けてゆく


別窓 | 旅の途上 | ∧top | under∨

枯れ葉

風と戯れひらひらと
冬の野道に舞い踊る
空に放たれたひとひらよ
遠く遠くへゆきなさい

誰も追ってはこないから
おまえの心の思うまま

自由な空に悠々と

美しく枯れた
その羽で


別窓 | 旅の途上 | ∧top | under∨
| いつか満天の星空の下で | NEXT