FC2ブログ
キャッシング用語

いつか満天の星空の下で

     copyright ©2003 -2019いつか満天の星空の下で all rights reserved

遠き足音

聴かせておくれ
夕暮れ
懐かしきひとの足音を

青草のなびく野の道を
小走りにくるあの音を

黄泉の国から
空を翔け
運んでおくれ

この胸に



別窓 | 硝子の林檎 | ∧top | under∨

ぎざぎざの想い出

色合いも地味で
香ばしいとも言えなくて
それでも一番好きだった
母さんの得意なもち麩の煮付け

学校でお弁当を広げたとき
「これ、なあに?」って近づいてきた友達
名前も浮かばなかったわたしは
咄嗟に「ぎざぎざ」って応えてしまった

それからのお弁当は
もち麩が入るたびにおかず交換
孤独で苦手だったお昼の時間は
やさしいひとときに変わっていった

今、小さな鍋にゴトゴト踊るのは
あの日幸せを運んでくれた 
いびつな形のもち麩たち

ぎざぎざの味を調えながら
寂しくなると いつも煮ている

「ぎざぎざ頂戴」

友だちの声が
背中からそっと聞えてきそうで

母さんの味に近づくように
砂糖を少し足しながら




2008-10-27 | 硝子の林檎syunran
別窓 | 硝子の林檎 | ∧top | under∨

寂しい錯覚

まだ 信じられないのです
あなたのいない部屋を

いいえ本当は
気づいているのです

空の上からも
ここが見えることを

もしかしたら
同じ時の中で
世界は重なっていて

あなたから見れば
わたしはカラダという幻を借りた
胎児なのかもしれません

来世へ生れ堕ちることに
まだ気づかずにいる

取り残された寂しさは
きっと錯覚

哀しむことはないのでしょう
心に寄り添うのなら

ひとりではないのです
鏡には映らないけれど

温もりはいつまでも
この胸に



別窓 | 硝子の林檎 | ∧top | under∨
| いつか満天の星空の下で | NEXT