キャッシング用語

いつか満天の星空の下で

     copyright ©2003 -2017いつか満天の星空の下で all rights reserved

影法師

日が暮れるまで遊ぼうか
帰るあてのない影法師
おまえは足もとに絡みつき
わたしをふっと笑わせる

錆びかけた鎖のブランコを
ふたりで一緒に揺らそうか
けれどもおまえの背中には
わたしはこの手も触れられぬ

日が暮れるまで遊ぼうか
寂しがりやの影法師
ひとけの途絶えた公園に
そろそろ外灯がともるころ

日が暮れてしまうよ影法師
わたしの中へお帰りよ









別窓 | 硝子の林檎 | ∧top | under∨

卒業アルバム

笑顔も泣き顔も怒り顔も
みんなみんな
すまし顔の中にかかえこんで
卒業アルバムはじっとしている
いつか誰かが目を細めながら
厚い表紙をゆっくりと開いてくれる
穏やかな昼下がりの訪れるときを





別窓 | 硝子の林檎 | ∧top | under∨
| いつか満天の星空の下で |