キャッシング用語

いつか満天の星空の下で

     copyright ©2003 -2017いつか満天の星空の下で all rights reserved

やさしい雨

やさしい雨音が
心に広がってゆく
乾いた昨日を潤しながら

しずかに

とても しずかに


別窓 | とても短い詩 | ∧top | under∨

街灯

真夜中の舗道
人影の消えた道を
街灯は照らし続ける

無造作に踏まれた心を
慰めるように








別窓 | とても短い詩 | ∧top | under∨

そっとお知らせ

草木が彩りの衣装を身に纏い
人影も少なくい夕暮れに
そっと わたしを手招くのです。

日毎に秋が深まってきましたね。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

ブログに不具合を生じはじめてから
こちらにアップする機会も
随分少なくなってしまいました。

更新頻度の少ないブログにも関わらず
応援してくださっている数少ない読者のみなさまには
心よりお礼申し上げます。

わたしに何かお返しできるものがあるとすれば
それは、紡ぐことでしかないのでしょう。
けれど未熟さゆえに
ときどき言の葉の森を彷徨ったりもしています。

そんな中、嬉しいできごともありました。
某文学賞、新人賞の受賞です。
別の筆名で紡いでいるものではありますが
読者のみなさまと師匠には
ここに感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。

まだまだ長い道のりかもしれませんが
夢を追い続けてゆきたいと思いますので
どうかこれからも温かく見守っていただけますよう
よろしくお願いいたします。

別窓 | お知らせ | ∧top | under∨
| いつか満天の星空の下で |