キャッシング用語

いつか満天の星空の下で

     copyright ©2003 -2017いつか満天の星空の下で all rights reserved

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

眠りの森

目覚めぬ森よ
心の奥に
今もひそかに眠り続ける森よ

迷い続けた日々を閉じ込め
ひとすじの光が射しこむときを
息を潜めて待ち望め

哀しみを木々の茂みに隠し
梢の先を天に延ばして

ため息を漏らさず
未来を見つめ

今日を信じて
明日を信じて

風の囁きに耳を傾け
春の兆しの喜びに触れ

空を仰ぎ
静かに詠い




----------

心の中にひそむ森、
その森はわたしの核になる部分で
未来を変えるほどの力があるけれど
今はじっと何かを待っているのだ。

言葉にはならない心の音を奏でて
森の中に射しこむ光を
息をひそめながら。

ひとすじの光が射し込み 
やがて森に充ちるとき、
木々は喜びの枝を躍らせ
花は静かに芽吹く。

鳥は翼を光らせ緑の中を飛び交い、
獣たちは春を迎え
心の奥に眠り続けた森は目覚める。

光は どんな形で
わたしに逢いにくるだろう。

眠れぬ夜に




風よ心を讃えておくれ
未来はやってくるのだと・・・

スポンサーサイト
別窓 | 心の中の宝箱 | ∧top | under∨
| いつか満天の星空の下で |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。