キャッシング用語

いつか満天の星空の下で

     copyright ©2003 -2017いつか満天の星空の下で all rights reserved

雨音の調べ

哀しみの雨の降る夜は
滴り落ちる空の涙を
ひとつずつ数えて
眠りましょう

しとしと窓を伝わるしずく
しとしと心に響く雨音

やさしくやさしく
眠れるように


別窓 | 心の中の宝箱 | ∧top | under∨

姿なき月の詩

何も見えない夜の空にも
月は微笑んでいるのです
雲に姿をそっと隠して
地上の音を聴くために

人々の祈りを夜通し数えて
やさしく歌っているのです
まあるい姿で切なき願いを
ひとつ残らず抱きしめて

寂しいばかりの雨の夜にも
月は奏でているのです
泣けないひとの哀しみに
今宵も耳を傾けて



別窓 | 月の夢(月の幻想詩) | ∧top | under∨

しくしく泣いてるあの空は
哀しさゆえではありません

しとしと降ってる雨の音は
寂しさゆえではありません

街角に嘆く人びとの
心を包んであげたくて

雨はときおり優しさで
地上に降りてくるのです







別窓 | 心の中の宝箱 | ∧top | under∨

花の涙

ひとひら
ふたひら
哀しみの

花びら剥がれ
こぼれゆく

差し出した白い手のひらに
零れて落ちて残るのは
朝露に濡れて清らかな
淡い涙の花しずく

ひとひら
ふたひら
夢をみて

花びら剥がれ
こぼれゆく





平成16年作「花のしずく」より「花の涙」
別窓 | 花のしずく | ∧top | under∨
| いつか満天の星空の下で |