キャッシング用語

いつか満天の星空の下で

     copyright ©2003 -2017いつか満天の星空の下で all rights reserved

晩秋のとき

切なさは
枯れ葉に巻かれ踊り始める
カラカラと
寂しげな音を立てながら

溢れる涙は懐かしさゆえ
漸く訪ねたふるさとの
姿がとうに違っても


切なさは
風に吹かれて踊り始める
クルクルと
遠い記憶を引き連れて

吹きすさぶ風に晒されて
どこまでも辿って歩こうか
乾涸びた流れの痕にさえ
せせらぎは聴こえてくるだろう


切なさは
枯れ葉に巻かれ踊り始める
カサカサと
心の隙間を縫いながら


別窓 | 心の中の宝箱 | ∧top | under∨
| いつか満天の星空の下で |