キャッシング用語

いつか満天の星空の下で

     copyright ©2003 -2017いつか満天の星空の下で all rights reserved

蒼い心のひと欠片


雲の行方を眺めているのは
蒼い心のひと欠片
遠い記憶の傷口に
捕らえられても気づかずに

通り過ぎ去る音もなく
寡黙なだけの野の道に
ぽつんと
ぽつんと残されて
空を見上げているばかり

苦しいなんて言えなくて
哀しいからって泣けなくて
だけど本当は叫びたかった
誰も見ていない野の道に

溢れた心が呼んでいる
時間の旅に出かけておいでと
忘れないでと手招いている

今でも笑っているんだね
泣き出しそうな気持ちを振り切り
ずっと見上げていたんだね
蒼い欠片を抱きしめて

ひとり歩いた野の道に
優しい風が歌ってる
少女の頃の魂よ
静かな眠りに就くがいい

記憶の道を辿って行けば
空の彼方に写る想い出
古びた心の映写機が
音軋ませて動き出す

憧れ尽くした遠い日の
遥かな蒼に抱かれて
傷ついた記憶は目を閉じる

雲の行方を眺めているのは
蒼い心のひと欠片
懼れることはないんだよ
誰も責めたりしないから


時を経て
涙に還る蒼い欠片





別窓 | 硝子の林檎 | ∧top | under∨
| いつか満天の星空の下で |