キャッシング用語

いつか満天の星空の下で

     copyright ©2003 -2017いつか満天の星空の下で all rights reserved

堤防道(ていぼうみち)

あの頃
いつも追いかけていたね
沈む夕陽さえ
手が届きそうな気がして

夢を追いかけていた
掴むことの出来る日を
遠い空に描いていた

細長く続く堤防道は
いつも貴女とふたり
手を引いて貰うわたしは
貴女の行く道を
続いて行けると思っていた

遠い日のアルバムを
開くことが出来ないのは
涙で見えなくなってしまうから

堤防道は続いていたね
いつまでも
どこ何処までも
続く道だと信じていた

何時までも続くと
信じていた




別窓 | 硝子の林檎 | ∧top | under∨
| いつか満天の星空の下で |