キャッシング用語

いつか満天の星空の下で

     copyright ©2003 -2017いつか満天の星空の下で all rights reserved

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

夢の中の出来事

迷い込んだ森は
夕暮れの寂しい時の狭間
人の温もりもここには無くて
西の窓辺から射しこむ夕陽は
静寂な空間を光の幻想に導いてゆく

何処へ行くのか
何処にも行けず
ここはいつしか幻の森
誰を待つのか
あてもないのに
ただ待ち詫びたいだけの夕暮れ

冷たい床に頬をつけて
地面の温もりを探している
手のひらで撫でる冷たい感触
寝そべっても叱られない硬い木の床は
珍しいタイル模様

小窓から零れる光を弄(もてあそ)ぶ
ひとりきりの部屋の中は
不思議な空間

カーテンが創り出す森の木陰に
ひとり眠る
寂しいときの幻想遊び

すべてが夢の中





別窓 | 幻想詩 | ∧top | under∨
| いつか満天の星空の下で |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。