キャッシング用語

いつか満天の星空の下で

     copyright ©2003 -2017いつか満天の星空の下で all rights reserved

空が踊る日 


世界がまるで踊り狂ったように
声を上げて笑い出だした
太陽はいくつも空に競い合い
思わず眩しくて目を閉じた


いつも見下ろすように
佇んでいた建物が
なんだか哀れに傾いている



昨日までのことは幻さ
雲が渦を巻いて
踊って見えた


抱え込んだパンは
プラスチックのように
硬くなってしまったから
胸のファスナーを開けて
心の欠片をつまんで食べよう


なんて美味しいんだろう


笑うがいいさ
寄せ集めてきたものを
金庫の中にしまう人々よ
今では役立たずの宝物を抱え
空を見上げるがいいさ


何もないけど
わたしは幸せだ
捻じ曲げられた太陽は
心地よい歌を届けてくれる



(夕暮れのオレンジ)
別窓 | 幻想詩 | ∧top | under∨
| いつか満天の星空の下で |