キャッシング用語

いつか満天の星空の下で

     copyright ©2003 -2017いつか満天の星空の下で all rights reserved

消えた筈の故郷 

懐かしい曲は
木の葉の仕業


頬を伝う涙は切なくて
帰りたいのは
消えた筈の故郷


あの日の川は乾涸びて
草に隠れた涙の雫


帰りたいのは
消えた筈の故郷


知る人もいない
今では
まるで他人の町




別窓 | 幻想詩 | ∧top | under∨
| いつか満天の星空の下で |