キャッシング用語

いつか満天の星空の下で

     copyright ©2003 -2017いつか満天の星空の下で all rights reserved

蒼い光


誰もいない荒野に
ただ風が吹く

過去からの旅人は
明日を目指し
ふたたび荷物を背負い歩き出す

忘れられた
あの日の硝子の欠片は
煌きを取り戻したくて
草の中に眠る

砕けることもなく
陽の光が当たる時を
待ち望むかのように
眠り続ける蒼い硝子

空は高く
太陽は遠くへ落ちてゆく

思い出しておくれ
小さな硝子の欠片を拾い
宝物のよう掌に乗せてくれた
あの日のことを

少年だったあなたは
遠い空を仰ぐように
硝子の欠片を透かして見ていた

その日からわたしは
あなたの瞳の中に棲む
蒼い光になったのだ

もう一度
掌から零れてしまった
硝子の欠片に逢いたくて

この荒野に
風を呼ぶ

草をなびかせ
煌く欠片が姿を現すように

わたしは
あなたの瞳に棲み着いた
蒼い光


果てしない荒野に
惹かれて止まない
旅路への原点を探す





(空の蒼)より
別窓 | 幻想詩 | ∧top | under∨
| いつか満天の星空の下で |