キャッシング用語

いつか満天の星空の下で

     copyright ©2003 -2017いつか満天の星空の下で all rights reserved

記憶に眠る翼

甦るのは
雪のように白い翼の記憶
遥かな時の流れの中で
広大な空に融けこんでいた


呼びかけるのは
時の狭間に落としてきた
風のメロディ
零れた枯れ葉も合わせて歌う


どこまでも
行けそうな気がする
不思議な感覚
飛び立てないことがもどかしく
両手を広げて翼をまねる


あゝ遠く名も無き時代に
わたしは空を翔けていた筈
切なさに溢れる涙を
拭いもせず佇んでいる


空よ
愛しい空よ
まだ早い季節に
粉雪が舞う


記憶の奥に眠っていた
白い翼が呼び寄せた雪
心はすでに羽ばたいている



羽ばたいているよ





(「空の蒼」花すみれ)より
別窓 | 幻想詩 | ∧top | under∨
| いつか満天の星空の下で |