キャッシング用語

いつか満天の星空の下で

     copyright ©2003 -2017いつか満天の星空の下で all rights reserved

夜空の漂流


何処にも出られなかった
誰にも見せられなかった
棒切れのように
細くなってしまった腕も
骨格が出てしまうほどの体も
痩せこけた頬も
黒いベールで覆い隠して
心は夜の空を彷徨っていた


暗闇に目立たない姿で
空に浮かんだ鋪道を歩く
街灯は遠い月灯り
時空を彷徨う蒼い車が
帰る場所をなくして
クラクションを鳴らす


何を求めていたのだろう?
本当は誰よりも知っていた筈
認められない人々は
きっと夜空にさまよ彷徨う亡霊
わたしはいつも星を数えて
寂しい魂に呼びかけていた


時空に浮かんだ魂たちよ
月の灯りに踊っていたね
けれど無言の空の街
地上の景色は変わらなかった


生きる場所から逃げ出しても
死に行く場所では生誕となる


たとえ傷だらけの心でも
乗り越えなければならないのなら
せめて煌く星を数えて
夜明けを待っていたかった


寂しい曲を聴きながら
優しい眠りを待ち望み
漂っていたあの頃





(昔の詩)
別窓 | 幻想詩 | ∧top | under∨
| いつか満天の星空の下で |