キャッシング用語

いつか満天の星空の下で

     copyright ©2003 -2017いつか満天の星空の下で all rights reserved

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

黄昏


目を閉じて風の歌を聴く

通り過ぎてゆく
ときの視線を感じながら
髪の先まで黄昏に染まる

覚えているよ
少年に出逢った日のことを

まるで
日めくりのない国のように
穏やかにときは流れ
純朴な草花たちは
優しい想い出を連れてくる

夕暮れて風よ
懐かしい歌を
聴かせておくれ

小高い丘の
約束の木の下に佇むわたしに


遠い日の歌を

届けておくれ



















別窓 | 硝子の林檎 | ∧top | under∨
| いつか満天の星空の下で |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。