キャッシング用語

いつか満天の星空の下で

     copyright ©2003 -2017いつか満天の星空の下で all rights reserved

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

雪の微笑み(tetsuさんの朗読つき)


「雪の微笑み」

詩/花すみれ


引き出しの奥にしまいこんだ
貴女への手紙
いつしか時が流れ過ぎ
取り出すこともなくなっていた

今宵舞い込んだ突然の知らせ
凍りついた思考回路

眠っていた手紙の封を切り
泣きながら
泣きながら読み返す

ごめんね
何度も謝ったけど
心の中で謝ったけど
伝えることのできなかった想い

ほんの些細なことで
気まずくなって
目を逸らしたあの日

少しだけ歩み寄れば
互いの意地で絡まった糸は
たやすく解くこともできた筈

封筒に忍ばせていた想い出の写真
腕を組み笑顔のわたしたち
きっとそんな日がまた来ると信じていた

貴女を探して
見上げるばかりの白い空は
音を呑み込む静けさの色

届けることのできなかった
言葉を掲げて
立ち竦むわたしに
舞い降りる雪

風に乗りながら
ふわりふわりと
震える肩に降りてくる

季節外れの粉雪は
優しい貴女の微笑みに似て
寂しい心に舞い戻る


温かい光のように








メニューのMIDIを止めてから
お聴きください。




朗読・曲/tetsu(ピアノ&プライベートスタジオ)
詩/花すみれ

以前、tetsuさんが朗読してくださった
「季節外れの雪」をアップしました。
これから暑くなる季節ですが
雪の詩で涼しくなってくださいませ。


別窓 | 心の中の宝箱 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<月夜に捧げる祈り | いつか満天の星空の下で | しゃぼん玉>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

| いつか満天の星空の下で |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。