キャッシング用語

いつか満天の星空の下で

     copyright ©2003 -2017いつか満天の星空の下で all rights reserved

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

ジャングルジムの宇宙船

「ジャングルジムの宇宙船」


夕陽を浴びたジャングルジムは
遥かな旅を続ける宇宙船だった
僕らは夢の中にいた

学校から帰ると一目散に
廃虚になった幼稚園に向う
誰もいない教室を横目に
邪魔されることのない秘密基地

3人を乗せた宇宙船は
空想の世界を飛び続け
どこまでも行けると信じていた

落ちてゆく夕陽が
地の果てに突き刺さり
暗闇が襲ってくるまでに脱出をしよう

あの日船長だった君の合図で
僕たちは駆け出した
君と僕と
そしてもうひとり

いつの間にか
仲間に加わっていた色白の少年は
他の星から来ていたのかな
夕暮れの宇宙船だけに
姿を見せた不思議な少年

僕たちは心だけで会話をして
心だけで夢を追いかけていた

夕陽を見るたびに思い出す
空想の宇宙船で過ごした日々
ジャングルジムは
僕たちを乗せて
遠い星を旅していたんだ

あの空は大きかったね

とてもとても
大きな空だった





別窓 | 硝子の林檎 | ∧top | under∨
| いつか満天の星空の下で |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。