キャッシング用語

いつか満天の星空の下で

     copyright ©2003 -2017いつか満天の星空の下で all rights reserved

「刀」


今でも時々思い出すことがある
わたしを見つけて
どうしても話がしたいと寄ってきた
見知らぬ女性のこと


静かな口調で語り始めた話は
とても心地よいものではなく
わたしの前世は武士で人々を切ったから
因果応報でお腹を切ることになるだろうという
不気味な予言だった


数年後、彼女の言葉通りに
二度もお腹を切ることになるとは
思いもしなかった
通常は縦に切る手術なのに
メスは横へと入れられた
珍しい切り方だと医師は自慢していたけれど
わたしは予言を思い出して震えた


まるで切腹のような手術は
背中から入れた麻酔が効かなくなり
何日も痛みと闘うことになったけれど
その激しさは生まれる前の世界で
わたしが人びとに
与えた痛みだったのかもしれない


今でも、刀を目も前にすると
動けなくなるほど惹き込まれるのは
きっと遠い記憶が蘇るためだろう


生まれる前の遥かな記憶
そこに存在する刀が
眠りに就くことはないのだ



(野の花)
別窓 | 創作 | ∧top | under∨
| いつか満天の星空の下で |