キャッシング用語

いつか満天の星空の下で

     copyright ©2003 -2017いつか満天の星空の下で all rights reserved

白い翼は心の中に

もしもわたしに白い翼があれば
疲れたあなたの体を
少しも残らず包み込み
夢の中に抱きしめるのに

いつか聴いた子守唄を
柔らかい髪を撫でながら
囀るように歌うのに

夜が一層深まり
あなたが眠りに就いても
歌い続けるのに

あゝ 月は今夜も静かに見つめる
遠い空の下でときを数えるあなたと
祈り続ける窓辺のわたしを

いつかきっと叶う夢を
やさしい灯りにして
静かな夜に届けてくれる

白い翼は心の中に
遠い空に届くよう
夜の風に歌い続ける

別窓 | 幻想詩 | ∧top | under∨
| いつか満天の星空の下で |