キャッシング用語

いつか満天の星空の下で

     copyright ©2003 -2017いつか満天の星空の下で all rights reserved

美しい旋律

記憶が遠のくことが
寂しいわけではありません
貴女が若いままでいることが
心に風を呼ぶのです

さそり座の新月の夜
ひとり昇った貴女を
今宵も空に探しているのです

彼方に浮かぶ後悔を
わたしはまだ取り返してはいなくて
その手立てさえ見つからないから
小さな傷口がぽっかりと開いて
空を呑み込んでしまう

記憶が遠のく足音は
忍び寄る想い出の音に変わり
埃の振り払われた旋律は
新月の夜に響き渡るのです

とてもとても美しく
別窓 | 硝子の林檎 | ∧top | under∨
| いつか満天の星空の下で |