キャッシング用語

いつか満天の星空の下で

     copyright ©2003 -2017いつか満天の星空の下で all rights reserved

雪の幻想

行くあてなどなかった
扉を開けて足を踏み出しても
立ち竦んだまま
寂しさが降り積もる夜

それでも
重い扉を開けたのは
この雪に触れたかったから

遠くに霞む街並み
日常を埋め尽くす穢れなき色は
夜を一層際立たせ
喧騒の世界を沈める

蘇る幼い日の情景
雪の上に繰り広げられる
あどけなき戯れ

幻想の世界がキラキラと光を放ち
思い煩うことなど
何もなかったころのわたしが
無垢な色の雪を固めて
佇むわたしに投げつけてくる

冷たくて白いほどに
現実の姿が見えて震える
ときに残酷な雪

頬に投げつけられた雪が
熱い涙にかわり
また 雪を濡らす






.........................

不思議な幻想を引き連れて
白い世界は夜の夢へと
わたしを誘い続ける


2007.01.13





≪追記≫

一昨日と昨日、応募していた事務所より
入選の知らせをいただきました。
ひとつは入選でこれから掲載にむけて取り掛かります。
もうひとつは入選後の最終審査の結果待ちです。(多分)
初めての世界なので、その後どうなるのか分からないのですが
手探りながらも前向きに歩いてゆきますね。





別窓 | 幻想詩 | ∧top | under∨
| いつか満天の星空の下で |