キャッシング用語

いつか満天の星空の下で

     copyright ©2003 -2017いつか満天の星空の下で all rights reserved

魂のゆくえ

ありえないことばかり思い浮かべて
寂しいばかりの冬の浜辺に
ひとときの夢を見ている

旅立ってしまった魂と
これから旅立とうとしている魂の
小さな狭間に佇んで
金色の波間に問いかける

閉ざしてはいけない心の扉に
風が押し寄せてきても
阻む確かなものがない

夢という名の微かな希望を
力の限り押し込んで
重い扉を支えるばかりで


ひとはなぜ
肉体を離れるときを選べないのだろう
まだまだ 時間が足りないのに
一緒に遊んでいた頃を思い出すばかりで
なかなか先には進めない

花びらをもぎ取るように
わたしの周りから
ひとひら ふたひら 

最後に残るのが 
一番ひ弱だったこのわたしだなんて
運命はなんて悪戯なんだろう


旅立ってしまった魂と
これから旅立つ魂の
やさしさの中に佇んで
わたしはまだ生かされている

短命すぎる仲間たちは
この先どこへ向かうのだろう
やはりあの世でもめぐりあい
夜通し語りあうのだろうか

同じ病でみな逝くなんて
誰も予想できなかったはず
次の世でめぐりあったら
今度はわたしが
食事当番だね

旅立ってゆく魂よ
もう少し傍にいておくれ
愚かなわたしを哂ってもいい
同じ青い空の下で

ありえないことばかり思い浮かべて
いつかの浜辺に戯れている
少女のころにみんなで追った
朱い夕陽を掴むんだ

いつまでも忘れないために








別窓 | 硝子の林檎 | ∧top | under∨
| いつか満天の星空の下で |