キャッシング用語

いつか満天の星空の下で

     copyright ©2003 -2017いつか満天の星空の下で all rights reserved

風の曲

「風の曲」



目を閉じて
静かな風の音を聴く

何処からだろう
聞き覚えのある
懐かしい曲が耳元に届く

子供の頃の田舎道
縦笛吹きつつ帰り道

あの頃の想い出は
夏の香りがした

いつでも
海風感じていた

愛を愛とも知らない日
行く道はいつも
誰かに守られていた

そして
ひとりのつもりだった
  






2003/07/16(水) 風の曲
「永久の夢」より




別窓 | 硝子の林檎 | ∧top | under∨
| いつか満天の星空の下で |