キャッシング用語

いつか満天の星空の下で

     copyright ©2003 -2017いつか満天の星空の下で all rights reserved

時計が空回りする夜は

時計が空回りする夜は
もう逢えなくなってしまった人々の
やさしい微笑みばかりが浮かんで消える

夜の狭間に取り残された
小さなベランダから見上げる星空は
あの頃と何も変わってないのに

ねぇ
空の上は寂しくないの?
そんなに広いのに
わたしはここにいるのに


時計が空回りする夜は
いつか逢える日を心に浮かべて
微笑みの余韻を抱きしめて眠ろう

夜風の吐息を身に纏い
草の上に寝転んで見たいつかの星を
切り取られた風景に探している

ねぇ 
空の上は寂しくないの?
わたしのことも
そこから見てるの?


時計が空回りする夜は
心の中に眠るやさしい想い出を
夜空にそっと捧げよう

やさしい想い出だけを
捧げよう







2005硝子の林檎に保存していた詩です。
書き直してアップしました。
別窓 | 硝子の林檎 | ∧top | under∨
| いつか満天の星空の下で |