キャッシング用語

いつか満天の星空の下で

     copyright ©2003 -2017いつか満天の星空の下で all rights reserved

やじろべえ

比べないで
怒らないで
ため息なんかつかないで

わたしの心は潰れそう
ぎりぎりの涙が押し寄せる


無表情で
あきれないで
それくらいのことと投げ捨てないで

スクラムを組んだ冷たい視線で
張り巡らされた結界


振り向いてもらえなくてもいい
微笑んでくれなくても

だから

震える背中を
無理に押さないで

わたしが生きているのは
この 小さな点の上

やじろべえのように
ゆらゆら揺れる
つつかれても つつかれても
自分に戻ろうとして

くるくるっと回る
バランスが崩れはじめて
昨日 落ちてゆく夢をみた



+++++++++

いじめが発覚するのは
もう 堪えられなくなって
最後のSOSを出すころなのかもしれない

そんなときに
頑張れって言葉をかけられると
理解されることのない闇の中から
出られなくなってしまう

これ以上は頑張れない
ぎりぎりのところまで追い詰められて
居場所がもう どこにもないのだ

あの日 あのとき
少女は孤独の中にいた
それでも 小さな期待を胸に
大切なものを守ろうとしていた

いじめられる理由は
どこにでも転がっている
理由なんて
ほんとうは関係ないのかもしれない


別窓 | 心の中の宝箱 | ∧top | under∨
| いつか満天の星空の下で |