キャッシング用語

いつか満天の星空の下で

     copyright ©2003 -2017いつか満天の星空の下で all rights reserved

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

空があるから

そっと 瞳をとじてごらん

歩けないほど
草臥れてしまったなら

まぶたの裏に広がる青い空
奏で始める風の草笛

見上げることさえできないのなら
溜息を放ってごらん
広がる空が受けとめるから

そっと瞳をとじて
もう少し そのままで

輝いていた日の青空が
きっとあなたを包むから


心配しないで
今はただ 




2005「あの木の下で」/花すみれ の詩を元に綴った詩です。

----------------------
本日からブログに流している曲は
HP運営当時によく使わせていただいていた
VAGRANCYさんの「幽明」という曲です。
聴かせていただいていると、
懐かしさとともに心が洗われるような気がしてきます。



別窓 | 心の中の宝箱 | ∧top | under∨
| いつか満天の星空の下で |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。