キャッシング用語

いつか満天の星空の下で

     copyright ©2003 -2017いつか満天の星空の下で all rights reserved

あなたの街に吹く風は
遥かな空から訪れる

見えない翼で髪を撫で
震える背中をそっと押し

透き通ったそのやさしさは
哀しみを連れてゆくのです






別窓 | とても短い詩 | ∧top | under∨
| いつか満天の星空の下で |