キャッシング用語

いつか満天の星空の下で

     copyright ©2003 -2017いつか満天の星空の下で all rights reserved

晩秋

切なく奏でる秋風は
カラカラと
枯葉を転がしどこへ往く
彩りのころを惜しむよう

ひと影まばらな夕暮れの
寂れた街を流れゆく


別窓 | とても短い詩 | ∧top | under∨
| いつか満天の星空の下で |