キャッシング用語

いつか満天の星空の下で

     copyright ©2003 -2017いつか満天の星空の下で all rights reserved

アルバム

あなたと過ごした年月の
角の削れたページには
色褪せるほど遠い日の
写真が並んでいるのです

記憶の隙間に紛れこみ
忘れかけてた微笑みや
若いあなたに抱かれて
口を尖らせた後悔が
アルバムの中に散らばって
胸を切なくするのです

時計の針を戻せたら
そこには風がそよぐでしょう
野道で摘んだすみれの花の
やさしい香りがするでしょう

真っ白な雲が流れたら
きっと翼に見えたでしょう
あなたと眺めたふるさとの
果てしない空を往くための

背表紙のとれたアルバムの
その一頁をめくるたび
気づかなかった過ぎし日の
愛の欠片を見るのです


別窓 | 硝子の林檎 | ∧top | under∨
| いつか満天の星空の下で |