FC2ブログ
キャッシング用語

いつか満天の星空の下で

     copyright ©2003 -2018いつか満天の星空の下で all rights reserved

ぎざぎざの想い出

色合いも地味で
香ばしいとも言えなくて
それでも一番好きだった
母さんの得意なもち麩の煮付け

学校でお弁当を広げたとき
「これ、なあに?」って近づいてきた友達
名前も浮かばなかったわたしは
咄嗟に「ぎざぎざ」って応えてしまった

それからのお弁当は
もち麩が入るたびにおかず交換
孤独で苦手だったお昼の時間は
やさしいひとときに変わっていった

今、小さな鍋にゴトゴト踊るのは
あの日幸せを運んでくれた 
いびつな形のもち麩たち

ぎざぎざの味を調えながら
寂しくなると いつも煮ている

「ぎざぎざ頂戴」

友だちの声が
背中からそっと聞えてきそうで

母さんの味に近づくように
砂糖を少し足しながら




2008-10-27 | 硝子の林檎syunran
子供のころ、角麩と同じ形のもち麩を醤油だまりで甘辛く煮たものが
お弁当のおかずに入っていることがありました。
ギザギザの形でもっちりしていて、すき焼きなどに入れると美味しいのです。

普通にどこにでもあると思っていたのですが、どうもそうでもないようで・・・
ギザギザの形のもち麩は美濃・尾張地方のもののようです。
この詩を書いたときには当たり前に思っていたもち麩の形なのですが
角麩の形を想像してお読みいただければ嬉しく思います。

別窓 | 硝子の林檎 | ∧top | under∨
| いつか満天の星空の下で |