キャッシング用語

いつか満天の星空の下で

     copyright ©2003 -2017いつか満天の星空の下で all rights reserved

白い翼の記憶

甦るのは
雪のように白い翼の記憶
遥かな時の流れの中で
広大な空に融けこんでいたころ

囁いているのは
遠い昔に抱きしめてくれた
夕暮れの風のメロディ
まだわたしが生まれていなかったころ

なんて懐かしい空の色
飛び立てないことがもどかしく
せめて風を抱きしめようか
この小さな胸の奥に

あゝ 遠く名も無き時代に
わたしは空を翔けていた筈
切なさに溢れる涙を
やさしく拭ってくれる風

空よ
愛しき空よ
まだ早い季節に
粉雪が舞う

記憶の奥に眠っていた
白い翼が呼び寄せた雪
心はとうに羽ばたいているよ
時の彼方の青空に




2006.06.09

別窓 | 幻想詩 | ∧top | under∨

水晶の森

見渡す限りに神秘を放ち
わたしを迎える水晶の森
あゝ この身を休ませてくれ
たったひとときでかまわない
穏やかにときを包むだけ

歩き疲れた足を投げ出し
六角の石の切り株に
漸く重い腰を下ろせば
蘇る日々が空に微笑む

手に触れるものの心のうちが
映し出される水晶の森
怯えることは何もない
これがわたしの姿そのもの
未熟な想念も愛しく思える
不思議な光に包まれている

昨日の罪を差し出して
神秘に輝く冷たさに
邪心を放ち見つめていようか
あなたを愛する気持ちだけ

わたしを包む水晶の森よ
心の隅まで透かしておくれ
瞳に焼き付けてしまうまで



************

森のイメージから紡いだ詩です。









別窓 | 幻想詩 | ∧top | under∨

幻の蝶

あれは夢だったのだろうか
蒼く広がる空を星屑と戯れながら
ひらひらと舞う白い蝶

想い出の創り出した幻
儚い夢の物語り

夜の静寂に紛れ込もうか
素足で歩く故郷の浜辺に
面影の母のてのひらが舞う
白く細い指先の羽
冬の夜空にやさしくなびく

どこまでも続く砂浜を行けば
ときの彼方から押し寄せる波
微かにこぼれる月の明かりで
悴んだ指先 綾取りをする

せめて夜空に戯れる
白い蝶を眺めていたい

想い出の砂浜に残された
ときと云う名の足跡が
夜を超えて心に沁みる

幻の蝶よ
幼き日々の母の手よ

やさしい満月の魔術にかかり
まだ醒めやらぬ夢の中




____________
2007.01.03の詩よりお届けしています。
別窓 | 幻想詩 | ∧top | under∨
BACK | いつか満天の星空の下で | NEXT