キャッシング用語

いつか満天の星空の下で

     copyright ©2003 -2017いつか満天の星空の下で all rights reserved

おまじない

まるく

まあるく

まんまるく





別窓 | とても短い詩 | ∧top | under∨

寂しい錯覚

まだ 信じられないのです
あなたのいない部屋を

いいえ本当は
気づいているのです

空の上からも
ここが見えることを

もしかしたら
同じ時の中で
世界は重なっていて

あなたから見れば
わたしはカラダという幻を借りた
胎児なのかもしれません

来世へ生れ堕ちることに
まだ気づかずにいる

取り残された寂しさは
きっと錯覚

哀しむことはないのでしょう
心に寄り添うのなら

ひとりではないのです
鏡には映らないけれど

温もりはいつまでも
この胸に



別窓 | 硝子の林檎 | ∧top | under∨

星降る夜の光の中で

少女の胸には硝子の欠片
キラキラ光る哀しい欠片
眠れぬ夜の心を突いて
蒼い涙の血を流す

忘れられない冷たい記憶
投げつけられたいくつもの石
平和に見える仮初の街
膝を抱えて泣いている

流れ星降る夏の夜
少女は夜空を仰ぎみる
流した涙を捧げては
誰もがやさしくなれるよう

すべてが天に導かれ
微笑みに満ちる夢の中

硝子の欠片の哀しみが
星の光に包まれる



別窓 | 硝子の林檎 | ∧top | under∨
BACK | いつか満天の星空の下で | NEXT